干しぶどうで薄毛対策

画像



サーチュイン遺伝子をご存じですか

この遺伝子が活性化すると、活性酸素の放出を抑制して、免疫力の低下や、骨粗鬆症、動脈硬化、しわ、認知症など、老化による症状を予防するそうです。もちろん、脱毛・白髪などへの効果も期待できるとのこと。

このサーチュイン遺伝子を活性化するサプリメントとして、今、注目されているのがポリフェノールの一種、「レスベラトロール」だそうです。

実は子供の頃、好きだった干しぶどう(レーズン)を、大人買いして食べていて、何気に栄養素を検索していたら、ブドウの皮に含まれる「レスベラトロール」という代物に出逢ったのです。

いろいろ調べてみると、1日30㌘干しぶどうを食べるとサプリメントと同様の効果があるとのこと。だいたい片手で一掴み分ぐらいの量ですね。

自分は、コーヒーに砂糖を入れる代わりに、干しぶどうをつまんでいます。結構おつなものです。

薄毛防止にも役立つと言われる干しぶどう、しばらくマイブームとして続きそうです。


にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


画像





カリフォルニアレーズン(500g)1023max10
マクロビ「笑顔のだんらん」
広告文責 株式会社ビオネ 06-6330-8611 区分 自然食品500g有機ぶどう(カリフォルニア


楽天市場 by カリフォルニアレーズン(500g)1023max10 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

ペコリ
2012年01月11日 22:01
初めまして。
ブログを興味深く読ませて頂きました。

薄毛のスイッチが入った時期とジョギングを始めた時期が重なっていると書かれておりましたが、その後もジョギングは続けられているのでしょうか?

私もジョギングなどのダイエット始めた時期から、脱毛症が始まったため、ちょっと気になりました。
本人です。
2012年01月31日 00:19
返事遅れて恐縮です。
今もジョギングは続けています(毎日7〜10キロほど)。ジョギング開始時は、禁煙ができて、ダイエットにも最高と考えていましたが、一方、疲労の回復やミネラル不足には無頓着でした。多分、それが関係しているのかとも思いますが・・・、
そういえば、薬局で貰ったサンプル下剤を飲み、下痢をした時は、脱毛が多くなった気がします。それも関係ありそうですね。

この記事へのトラックバック